アーティスト・レクチャー|田村友一郎

日程:2017年2月23日(木)
時間:14:30−17:30
場所:横浜国立大学 Y-GSCスタジオ/教育人間科学部4号館(S4-2 美術棟)隣
登壇:田村友一郎(アーティスト)、上崎千(芸術学/アーカイヴ理論)、平倉圭(Y-GSC)

主催・企画:Y-GSC
WEB:http://www.ygsc-studio.ynu.ac.jp
問合せ:kei.hirakura@gmail.com(平倉圭)

[概要]
場所の歴史的特異性をめぐって、フィクション/ノンフィクションを織り交ぜた作品を構築する田村友一郎氏を招き、アーティスト・トークを行います。ゲストの上崎千氏とともに、都市とそこに生きた人間の記憶に対して芸術でアプローチしていく際の「技」について聞きます。予約不要。

[登壇者プロフィール]
田村友一郎 アーティスト
1977年富山県生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒。東京藝術大学大学院映像研究科修了。2013年、文化庁新進芸術家海外派遣制度によりベルリン芸術大学・空間実験研究所に在籍。近年のおもな展示に、MOTアニュアル「風が吹けば桶屋が儲かる」(東京都現代美術館2012)、メディアシティ・ソウル(韓国 2014)、「BODY/PLAY/POLITICS」(横浜美術館 2016)など。

上崎千 芸術学/アーカイヴ理論
1974年、神奈川県伊勢原市生まれ。東京都武蔵野市在住。ポストモダニズム期における芸術の非ミュージアム的な在り方、アーカイヴ的な在り方に関心がある。1998年、多摩美術大学大学院美術研究科修了。東京芸術大学・横浜国立大学非常勤講師。